Pocket

治療漢方がどのようなものなのか詳しく理解している方は少ないと思います。漢方という言葉は知っていても実際に漢方薬を服用したことがないという方も大勢おられるでしょうし、どのような特徴があるのか知っている方も少ないのではないでしょうか。漢方はもともと中国から日本に伝わったと言われており、5~6世紀頃に中国から渡ってきました。この時期にはさまざまな漢方処方薬や生薬、医学本などが持ち込まれ、それが元になって日本独自の医学も発達するようになったのです。室町時代までは中国伝来の医学が用いられていました。

室町時代以降は日本で独自の発展を遂げることになります。日本と中国では気候や風土もまったく異なりますから、日本の環境に根差した医学として発達していくようになったのです。これはある意味当然のことなのかもしれません。その後もどんどん漢方医学は発達を続けましたし、現代の医療で用いられている漢方医学は日本で独自の進化を遂げたものと言っても過言ではないでしょう。漢方医学の特徴はあくまで自然の恵みを活かすということにありますが、人間がもともと持つ治癒能力などを活発にさせることで内部から改善していくという考え方も特徴と言えます。