Pocket

漢方外来ではどのようなことが行われているのかということですが、漢方外来では漢方に精通したエキスパートであるドクターがさまざまな施術や処方を行っています。漢方は不特定多数に効果が見込める薬を提供するということはまずありませんし、基本は一人一人にマッチしたものを処方します。これが西洋医学との大きな違いではないでしょうか。そのため、漢方外来では患者さんからしっかり話を聞くことから始まりますし、ヒアリングをしてからどのような生薬を組み合わせるかを決めていくのです

相談漢方では相談に始まり相談に終わるといっても過言ではありません。西洋医学に基づく治療を行う病院だと問診などもすぐに終わってしまう印象ですが、漢方外来だとまずは患者さんのことをしっかりと理解することから始まります。そうでないとその人にマッチした漢方薬を処方することはできませんし、その人だけに効果のある漢方薬を処方するのです。そのため、相談にはしっかりと時間をかけていますし、その上で最善の処方を行います。また、漢方外来を行う“横濱関内クリニック”でも漢方薬を処方しています。生活習慣の改善などについてもアドバイスを行うことが多いですし、症状を根本から改善させていくような指導、診療を行っていくのです。これも特徴ですね。