漢方の歴史や特徴

治療漢方がどのようなものなのか詳しく理解している方は少ないと思います。漢方という言葉は知っていても実際に漢方薬を服用したことがないという方も大勢おられるでしょうし、どのような特徴があるのか知っている方も少ないのではないでしょうか。漢方はもともと中国から日本に伝わったと言われており、5~6世紀頃に中国から渡ってきました。この時期にはさまざまな漢方処方薬や生薬、医学本などが持ち込まれ、それが元になって日本独自の医学も発達するようになったのです。室町時代までは中国伝来の医学が用いられていました。

室町時代以降は日本で独自の発展を遂げることになります。日本と中国では気候や風土もまったく異なりますから、日本の環境に根差した医学として発達していくようになったのです。これはある意味当然のことなのかもしれません。その後もどんどん漢方医学は発達を続けましたし、現代の医療で用いられている漢方医学は日本で独自の進化を遂げたものと言っても過言ではないでしょう。漢方医学の特徴はあくまで自然の恵みを活かすということにありますが、人間がもともと持つ治癒能力などを活発にさせることで内部から改善していくという考え方も特徴と言えます。

漢方外来で治療

ケガや病気をすると病院に行くことが普通だと思いますが、一般的な病院、クリニックで行われている診察や治療は西洋医学に基づいたものとなります。外科手術や医薬品を用いた治療を行うのが西洋医学の大きな特徴で、日本で行われている医療行為のほとんどが西洋医学をベースとした治療と言っても過言ではありません。それとは逆に、自然の恵みや人間がもともと持つ治癒能力を最大限活かした治療を行うのが漢方、東洋医学と呼ばれるものです

漢方薬漢方は自然の恵みであり、自然界に生息するさまざまな植物や鉱物の生薬を組み合わせることによってできたものです。何前年という長い年月をかけて臨床実験を繰り返してきたことで、どの生薬をどのように組み合わせれば治療効果が得られるのかということもすでに体系づけられています。最近では再び漢方や東洋医学に注目が集まっていますし、興味を持った方もおられるでしょう。では、漢方による治療はどこで受けられるのでしょうか。

漢方外来という外来もありますから、ここで漢方をベースにした治療を受けることができます。さまざまな症状に効果的な治療や処方をしてくれますし、西洋医学では治療が困難だった症状などに対しても効果的な改善が期待できるでしょう。このサイトでは漢方外来でどのようなことが行われているのか、漢方で治療を行うことにどのようなメリットがあるのかといった情報をお伝えしますから、興味がある方は是非参考にしてください。